蹴球Blog

横浜マリノスサポの管理人が、サッカーくじtotoの予想と結果を淡々と書いているBlogです。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【蹴球Blogは移転しました】

2004年よりjugemで書いていた、蹴球Blogは2009シーズンより独自ドメインのサイトで更新を行っています。

なので、最新の記事は新サイト「蹴球ブログ(カタカナにしただけ」を見てください。
http://toto.junkword.net/

→最新の更新情報はサイドバーに載っています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気blogランキング参戦中です





- | permalink | - | -
<< 甲府がJ1昇格!! | main | 国立競技場 inちず窓 >>

おはぎ [著者:三浦知良]

シドニーFCに完全移籍の話もでているキングカズ初のエッセイです。

おはぎ
三浦 知良
4063077543

内容は日韓ワールドカップの時の心境が中心のようですが、時間が経った今だからこそ冷静に語っているのでないでしょうか。(ってまだ読んでません)

でも、なんでタイトルが「おはぎ」なんだろう?
(きっと読めばわかるんだろうな)

人気blogランキング参戦中です





雑記帳 | permalink | comments(3) | trackbacks(4)

スポンサーサイト


人気blogランキング参戦中です





- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

yujiさん、こんにちは。

>でも、なんでタイトルが「おはぎ」なんだろう?

カズさんは体調を維持するために、めちゃくちゃ食事に気を使っていて、常に体脂肪率を10%に保っているそうです。しかし、ストイックなまでに体調管理するカズさんが唯一、体調維持を無視してまでも食べてしまうのが都内某所にある菓子店のおはぎだそうですw

タイトルはそこのおはぎから取ったみたいですよ。他にも何か含みがあるのかもしれませんが。

カズさんのエッセイも読んでみたいですが、ネットで見れる「キングカズのガイドライン」もなかなかおもしろいので、ぜひ見てみてくださいまし(ググればトップにでてきますヨ)
kurt | 2005/12/15 8:55 AM
kurtさん情報ありがとうございます。

カズさんが体調管理に気を使っているのは知っていましたが、それでもってものがあるんですね。

真相をしるためにも、本を読まないと。もちろん、キングカズのガイドラインも見ようと思います。
yuji | 2005/12/15 9:15 AM
はじめまして。
TBさせて頂きました。
私はカズ選手が大好きで、この本に飛びついた者です。
カズ選手の人生観、サッカー観が分かる本でした。
そして、おはぎ好きな面も。
あっちゃん | 2006/01/07 10:27 PM
コメントする









この記事へのダイレクトリンク
<a href="http://syukyu.jugem.cc/?eid=464" target="_blank">おはぎ [著者:三浦知良] | 蹴球Blog</a>
トラックバックされる場合はエントリー元に上記のリンクを付けてくださると幸いです
この記事のトラックバックURL
http://syukyu.jugem.cc/trackback/464
この記事に対するトラックバック
『おはぎ』 三浦知良/著 講談社 カズこと三浦知良選手の初エッセイ集。 カズ信者である私が迷わず購入した一冊です。 ところで、なぜタイトルが「おはぎ」なのか?? それはカズ選手は和菓子が大好きで、その中でもおはぎは一番のお気に入り。 カズ選手
おはぎ | BOA SORTE | 2006/01/07 10:25 PM
三菱東京UFJグループのカード会社で、単一ブランド・JCBだけで展開を図る企業であり、国内クレジットカード業界で唯一の5兆円(年間取扱高)企業です。また、VISAとマスターカードの二大国際ブランドが広範なネットワーク展開をしている国際市場においても、
国内クレジットカードの巨人 JCBカード | クレジット&キャッシング カード業界のコールセンターからみた裏側 | 2007/01/20 5:16 AM
日本の現役最年長プロ サッカー 選手。ポジションはFWでCFとして期待されるが本職は左WG。静岡市葵区出身。
FC横浜 三浦知良 | サッカー日本代表@情報バンク | 2007/03/23 8:23 AM
VISAをライバルに発展してきた一つの雄VISAと並ぶ代表的な国際ブランドのひとつです。世界中で約5億2000万人の会員を持ち、加盟店ネットワークは2,299万店、売上高は9,860億ドルと世界のクレジットカード売上げシェアで約30%を占めています。その決済インフラ
マスターカードインターナショナル | クレジット&キャッシング カード業界のコールセンターからみた裏側 | 2007/05/19 7:54 PM

蹴球ブログ 最新記事10件