蹴球Blog

横浜マリノスサポの管理人が、サッカーくじtotoの予想と結果を淡々と書いているBlogです。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【蹴球Blogは移転しました】

2004年よりjugemで書いていた、蹴球Blogは2009シーズンより独自ドメインのサイトで更新を行っています。

なので、最新の記事は新サイト「蹴球ブログ(カタカナにしただけ」を見てください。
http://toto.junkword.net/

→最新の更新情報はサイドバーに載っています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


人気blogランキング参戦中です





- | permalink | - | -
<< 日本 VS ラトビア | main | 第186回 toto予想 >>

日本 VS ウクライナ

今回はちゃんと(オンタイムで)観戦することができました。

結果は1−0の惜敗ですが、ディフェンスラインからボールがでない、中盤が持っても前線に投げるしかない、前線もキープできず簡単に取られる。と攻めのパターンが単調で得点の雰囲気が少ない試合ではありました。

確かに審判のジャッジがウクライナよりで、日本のファールは速攻吹かれる(際どい所も含め)、ウクライナのファールは中々吹かないか、吹いてもワンテンポ遅い、などアウェイだからの一言では言い切れない感じも受けましたが、その辺は前半でわかってきたこと(ジーコ談)なので後半で修正が欲しかったです・・・

わかってた・・・
ってことは後半はポストになってファウルをもらえる鈴木より、スペースを使える大久保の方が戦術的にはあっているように思える。
もっとも中田浩二の一発レッド(これも微妙)でプランが崩れたのでどうなっていたかはわかりませんけど。

あと、ウクライナはシェフチェンコがいない、1軍クラスが数名いないなどの理由で、力の落ちるチームに勝てないのか・・・と言われていますが、ウクライナも日本と同じで控えクラスはW杯での出場がかかっているので、結構真剣モードだったように思えます。ので、中盤から前のプレッシャーがきつかったのではないでしょうか。


でもやっぱり課題は「決定力」いや「攻撃力」
いくら中盤のプレッシャーがきつく、ボールも回されていたとはいえ、シュートが3,4本では得点はできません。もっと中盤(特にサイド)の選手が攻撃に参加してこないとシュートにつながらないです。
シュートで終わる攻撃を数多く作っていかないと、守りだけのチームになってしまいそうです。

収穫は、右サイドの駒野の活躍、中澤と同じくらい高い箕輪が結構やれること、ワールドクラスの攻撃陣には三都洲の守備では厳しいことがわかったことぐらいか(攻撃はいけそう)

_________
 トラックバックメモ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[K]こあら日記:日本、ウクライナに0―1で敗北
フッチボル・アレグレ とか:シェバのいないウクライナ戦
スポーツ見るもの語る者〜フモフモコラム:ウクライナの矢って誰?
だいすけのブログ:ウクライナ代表 1-0 日本代表 感想


人気blogランキング参戦中です





- | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト


人気blogランキング参戦中です





- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事へのダイレクトリンク
<a href="http://syukyu.jugem.cc/?eid=433" target="_blank">日本 VS ウクライナ | 蹴球Blog</a>
トラックバックされる場合はエントリー元に上記のリンクを付けてくださると幸いです
この記事のトラックバックURL
http://syukyu.jugem.cc/trackback/433
この記事に対するトラックバック
「アンチェロッティから休んどけって電話があったんじゃね~の?」 って勘繰りたくなるほどテンションの下がる、シェフチェンコ欠場で幕を開けたウクライナ戦ですが、シェバがいなくとも、ベストメンバーではなくとも、ウクライナはいいチームでしたね。カウンター中心の
シェバのいないウクライナ戦 | フッチボル・アレグレ とか | 2005/10/13 2:34 PM

蹴球ブログ 最新記事10件